「neoneo展」で独りきりの空間を楽しむ

<雑貨屋のような会場>

2009年9月26日(土)に日比谷の高橋コレクション日比谷で開催されている「neoneo part1[男子] ネオネオ・ボーイズは草食系?」展へ行きました。
会場である高橋コレクション日比谷は、東京メトロの日比谷駅のA11番の出口からすぐのところにあります。
また、JRの有楽町駅からも歩いて5分程度でつくことができます。
ガラス張りの会場で、外からはミュージアムショップが伺えます。そのため、会場は外からは雑貨屋さんのようにも見えます。

会場は思ったよりも小さく、来場者も私だけでした。
ミュージアムショップの店員さんに話しかけると、ショップのレジで入場料のお会計となりました。
ちなみに入場料は300円!と、とてもお安くなっております。

<ニワトリと女性の生首?に目を奪われる>

展示会場の大きさは、少し広めの小学校の教室程度でした。
そこにネオネオ・ボーイズたちの作品が、1人の作家について1~3点程度、計10点、展示されています。

まず最初に目に飛び込んできたのは、大きなニワトリの彫刻です。
その大きさ、そして表面に微妙な光沢があったので、最初はプラスティックで作成されているのかと思いました。
しかし、近づいて良く観てみると間違いなく木の彫刻でした。
大きさもさることながら、羽毛を表現するための細かい彫りこみに目を奪われ、おもわず、触ってみたい、という衝動に駆られます。
その衝動を抑えつつ、鶏冠や目などの細部を観ていると、大きくデフォルメされている姿のニワトリに、妙な現実感を感じます。
日比谷という都会に、大きい生きたニワトリが存在する、という状況の奇妙を感じる、面白い作品でした。
ちなみ、今までニワトリと呼んできた作品の作品名は『炎天華』といい、田代裕基さんの作品です。

もう1つ、印象に残った作品名は、『bey』という川島秀明さんの作品です。
展示されている位置関係は、ニワトリを正面から観ると、その背後に飾ってある作品です。
ニワトリを十分に楽しんでから、私がふと目線をあげると目に飛び込んできました。

淡い色彩で、女性とも少女ともつかない女性の顔が、こちらを見下すような表情しています。
その挑戦的な表情には、恐ろしさと同時に妙な色気があります。
それ以上に、その淡い色彩と『bey』というタイトルが、儚さや切なさを感じさせるなど、いろいろな感情にとらわれる作品でした。
私の現代アートへのイメージとして、鑑賞者にたいして自分の感情をぶつけてくるような、攻撃的、過激な雰囲気をもつものが多い、というものがあります。
ですから、たとえ「おもしろいなぁ」と感じたとしても、長い間、鑑賞し続けることできませんし、たくさんの作品を鑑賞し続けるととても疲れたりします。
しかし、この『bey』という作品は、そのような攻撃的な雰囲気があまりありません。
ゆったりと、長時間、鑑賞し続けたくなるような作品でした。


<おわりに>

入場料が300円ということなので仕方がないとは思いますが、少々、展示作品がすくなく物足りない感じがします。
しかし、これからのアートシーンを担ってゆくであろう、若い作家の作品を観ることできる貴重な機会だと思います。
私としては、同年代の方の作品が多く、「私もがんばろう」という気分にさせられる、よい刺激のある展覧会でした。

なお、今回の「neoneo展」はpart1とあるとおり、10月24日(土)からpart2として[女子編]の開催が予定されています。
ぜひ、こちらにも足を運びたい、と思います。

<会場情報>

高橋コレクション日比谷
〒 100-0006 東京都千代田区有楽町1-1-2 日比谷三井ビルディング 1階
TEL 03-6206-1890
http://takahashi-collection.com/

<作家情報>

◆田代裕基(たしろ・ひろき)さん

以下で、作品のレビューなどが観られます。
ex-chamber museum-review:田代裕基 個展『HARMONY』
・YUKARI ART CONTEMPORARY-artists:田代裕基

◆川島秀明(かわしま・ひであき)さん

以下で、作品やインタビューなどが観られます
・GA-DEN-IN-SUI-SYA-artists:川島秀明
・TOMIO    KOYAMA GALLERY.com-ARTISTS:川島秀明
・TOMIO    KOYAMA GALLERY.com-Artist Interviews:川島秀明

<次の予定>
◆「速水御舟-日本画への挑戦-」展
山種美術館
〒 150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-36
TEL 03-5777-8600

広告

タグ: , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。