非忠誠の誓いとOut of Border

twitterのタイムラインを眺めていたら、

「非忠誠の誓い(Oath of Non-Allegiance)」

という気になる言葉を発見しました。

調べてみると、アジャイル開発の手法の1つであるクリスタルを提唱するアリスター・コバーン(Alistair Cockburn)氏が提唱している議論や問題解決などにおける宣言のようです。
以下は原典からのページからの引用です。

I promise not to exclude from consideration any idea based on its source, but to consider ideas across schools and heritages in order to find the ones that best suit the current situation.

私は、現在の状況に一番適したアイディアを探すために、どんなアイディアもその発信元によって排除することなく、流派や派閥(schools and heritages)を超えて議論することを約束する。

共感を覚えると同時に、問題解決において常に意識をしておきたい言葉ではないでしょうか。

ちなみに原典はこちら。
http://alistair.cockburn.us/Oath+of+Non-Allegiance

平鍋健児氏による和訳はこちらです。
http://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe/2010/07/oath-of-non-all.html

 コバーン氏が提唱する誓いを守ることは、非常に難しいでしょう。
問題解決のためにアイデアや考えを議論する場においては、どうしても自分の立場を守りたくなるものです。
そして、立場を守るということは往々にして「問題を解決する」ことで行われず、持論が支持されることや相手のアイデア、ときには人間性を否定することで行われます。

問題解決を目的に行われる議論は、議論することそのものや自身の有能さを示すために行われるわけではないのです。
コバーン氏の提唱する誓いは、問題解決における議論を目的と心構えを端的に表した良い誓いだと思います。

もう一つあわせて覚えておきたい言葉あります。
それは、「Out of Border」という言葉です。
この言葉は、NHKのテレビ番組で、雅楽師の東儀秀樹氏がお話されているなかで出てきたものです。
その言葉を意訳すると以下のとおりです。ただし、テレビ番組で録画をしていないこと、そして、文脈を私が補ったものですので、正確ではありません。

Out of Borderに似た言葉にBorderlessという言葉ある。
ただ、この2つの言葉は決定的に違う意味を持っている。
Borderlessは、境界を取り払いすべてを1つにすることで、理解し合おうとする。
しかし、境界は必要だからこそ存在している。
Out of Borderはその境界の存在を認め、自らが境界を越えることで、境界の向こう側にいる相手を理解しようとする。
だからこそ、境界の向こう側にある相手の価値観や大切しているものが尊重できる。

私には、この東儀氏が「Out of Border」という言葉に込めた思いが、コバーン氏の提唱する「非忠誠の誓い」の根底にある思想につながるように思えます。
我執を捨て、こだわりにたいする固執を捨て、相手の価値観と思想を尊重しながら、相手の境界へと踏み込む。
そうした地点で行われる議論が、多くの問題を解決するのでしょう。

この「非忠誠の誓い」にサインしたい方は、上記の原典のページに行き、コメントを付けてください。
過剰なこだわりを捨て、豊かな議論により、素晴らいアイデアを産み出してゆきたい方は、サインを是非。

ランキング参加中。気に入ったら一押しお願いします!
人気ブログランキングへ

広告

コメント / トラックバック1件 to “非忠誠の誓いとOut of Border”

  1. 平鍋 Says:

    追記させていただきました!Out of Border, 日本の文化にはこの考えは昔からあるのですね。

    そういえば、日本の宗教は他の宗教を受け入れる(非難しない)珍しい宗教だそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。