Archive for 2010年8月月15日

プログラマーとマン・レイの相似

8月 15, 2010

ブログを書くこと、スポーツをすること、自らを着飾ること、音楽を奏でること。
こうしたことにおいて私たちは、自己や美意識を表現しようという抑えがたい欲求をいだきます。
私生活ではもちろんのこと、仕事でも同様です。

例えば、私はシステムエンジニアです。
システムエンジニアとして、たとえどんな言語を使用していたとしても、コードを書くときはアーティストであろうとします。
コードを書くこと、プログラムを生み出すことにたいする哲学と美意識をその作業とプログラムに込めようとします。
そして、ひとたびプログラムを誰かが見る、と耳にしたら、自らの哲学と美にたいする自信を感じつつ、批判や嘲りを受けるかもしれないという恐怖にかられるのです。

とはいえ、私は同僚などからとりわけコードを書くことにこだわりを持っているとは思われていません。
そして、自身でもコードを書くことそのものに強いこだわり感じていると思ってはいないのです。
こんな人間ですら、プログラムを書くときには上記のようなアーティストであろうという感情を抱くのです。

この業界は多少はあれど、コードを書くときにはすべての人はアーティストなのです。

むしろ、アーティストとしての意識の強い人は、私のようにシステムエンジニアなどとは名乗らず、プログラマーと名乗るでしょう。
また、プログラマーは私のように恐怖など感じないでしょう。
むしろ、自らの才能と作品を評価しようとしない周囲に憤りを感じ、自らの作品を誇ります。
しかし、周囲には気付かれないように、その作品をさらに磨き上げる努力を惜しまないのです。

私が、国立新美術館で目にしたマン・レイと作品と生き様は、このプログラマーというIT業界の革新を支える人たちを思わせます。

マン・レイの魅力は、その自由な活動とアーティストとしての強烈な意識です。
ヴォーグなど、今もなお存在するファッション誌の写真家として成功し、ピカソ、ヘミングウェイ、ジャン・コクトーなど名だたる著名人たちを被写体としてなお、彼は画家としての成功を夢見ました。
そして、「写真は芸術ではない。私は写真家でもない。」という言葉を残しています。
マン・レイは単に、被写体を記録する道具として写真を捉え、レイヨグラフ、ソラリゼーションとよばれる作品群を創り上げてなお、彼は自らの写真を芸術とすることをよしとしなかったのです。

そして、自由に平面と立体、写実と創作の世界を自由に行き来した人でもあります。
絵画や写真などの平面の世界、オブジェやチェスの駒のデザインといった立体の世界。
正確に姿を写しとる写真の世界、ダダ、シュールレアリスムという無意識と幻想の世界。
マン・レイはその興味と意欲の向くままに活動を行ないました。

マン・レイは、アーティストであるという強烈な意識を持ち続け、その創作意欲と表現を抑えこむようなことをしませんでした。
一時期は、活動の中心であり、名声の源泉であった写真から遠ざかり、絵画に取り組んだ時期もあります。
結果、死してなお、写真以外の多くの作品と共に「マン・レイ」の名は、シュールレアリスム、ダダの中心的なアーティストとして残ることになりました。

マン・レイは、このアーティストとしての評価を受ける自身の未来を予言しています。

ワインも新しいうちは酸っぱいが、年を経るうちにまろやかな味になっていく。それと同じように、写真も初めは単なる技術に過ぎないが、やがては本物の芸術になるのだろう

自らが芸術ではない、とした写真について、マン・レイはなぜ、なお芸術となりうると言ったのでしょうか。
私には、アーティストである彼の自尊心がこの言葉を言わせたように思えます。
すなわち、アーティストである自分が写真という技術に関わったのだから将来はきっと芸術に昇華する違いない、と、

私の業界にもアーティストであろうとする、システムエンジニアとプログラマーがたくさんいます。
彼らのそうした意識こそが、写真と同様にプログラムにおいても、マン・レイの予言を実現させる日、すなわち、プログラムとそれを生み出すプログラミング、コーディングという行為を芸術に昇華させる日がくるかもしません。

しかし、受託システム開発においてお客様の役に立つのか。
これはまた別のお話し、でしょうか。

【会場情報】
◆国立新美術館-「マン・レイ」展
http://man-ray.com/
◆TAB-マン・レイ 「知られざる創作の秘密」 展
http://www.tokyoartbeat.com/event/2010/E879

【作家情報】
◆マン・レイ(Man Ray)
Wikipedia-マン・レイ

Wikipedia-Man Ray

【次の予定】
◆未定

ランキング参加中。気に入ったら一押しお願いします!
人気ブログランキングへ

広告