勉強会よりもブログと実業務

私の周辺では、勉強会が盛んに行われています。
私も参加しますし、一部ではスタッフとして活動してもいます。
しかし、最近は仕事の場が変わった都合もあるのですが、参加の頻度は少なくなっています。
おそらく、勉強会に参加することだけに、それほどの価値を感じることがなくなったからだと思います。

勉強会自体は価値のあるものですし、楽しいものです。
日々の問題意識や悩みが相談でき、問題が解決できたり、悩みが解消できたりします。
会社や業種の枠を超えて、問題意識や興味に共通点がある人々が集まれる場は素晴らしいものです。

しかし、単に勉強会に参加すること、情報をインプットすることには意味がほとんどありません。
情報をインプットすることの価値は、良質なアウトプットにより支えられているからです。
極論をいってしまえば、良質なアウトプットが可能であればインプットする必要がないのです。
良質なアウトプットがないのであればインプットには価値はありません。

ですので、最近は「興味がある」というだけで勉強会に行くことを改めるようにしました。
そのかわりに、ブログを書いたり仕事で使えそうな情報をまとめたりしています。

勉強会に初めて参加するときの緊張感は今でも忘れることはできません。
いつも参加している人たちが仲良さげに話している「身内感」のある空間にいる気まずさなどは忘れがたいものがあります。
ですので、勉強会へ参加すること自体に抵抗感をなくすために「興味があるものに手当たりしだい参加する」という行動は必要だと思います。

しかし、勉強会へ参加することに慣れたと思ったら参加回数を減らして、インプットした情報をどのようにアウトプットするか、を考える必要があると思います。
たぶん、今の私はその段階なのだと思います。

そのため、最近は、
・実業務に直結する
・勉強会のスタッフとして活動できる
・ブログを書くネタになる
などを軸に勉強会へ参加し、アウトプットにつながるインプットを心がけています。

勉強そのものは決してわるいものではありません。
しかし、それそのものだけでは決して良いものでもないのです。
ですから、勉強会に参加することの価値をよく考える必要があります。
自分がその情報をインプットすることで、どのようなアウトプットが可能か、を問う必要があります。

また、「実業務での学びはないのか」を問う必要があります。
もしも、実業務での学びがなく、仕事を早く切り上げて勉強会に参加することがつづくのであれば事態は深刻かもしれません。
もっと学びを増やせ、という合図であり、必ずしも、もっと勉強会へでろ、という合図でなく、職場を変えろ、という合図かもしれないからです。

アウトプットの質を上げるには、インプットが不可欠であり、その場として勉強会は価値があります。
しかし、実業務などのアウトプットを行うことに勝る勉強の場はなく、その穴埋めをできるほど勉強会は優れた場ではない、のです。

そして、私にとってのアウトプットの場は、このブログと実際の仕事だと思っています。
ですので、勉強会よりもブログと実業務、と最近は強く思うのです。

ランキング参加中。気に入ったら一押しお願いします!
人気ブログランキングへ

広告

コメント / トラックバック1件 to “勉強会よりもブログと実業務”

  1. 職務経歴書の書き方 Says:

    とても魅力的な記事でした。
    また遊びにきます。
    ありがとうございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。