一体感のある場づくりの難しさを感じた@愛知トリエンナーレ

一体感のある場を作るのは難しいものです。
大人になればなるほど、それは難しくなるように感じます。

たとえば、小学校の頃の運動会。
おそらく大半の人は文句を言いながらも、ダンスや行進の練習を素直にしていました。

ですが、高校生の文化祭となると、もうダメです。
なんとなく反抗心を抱く人や自分でやりたいことが出てきた人たち、彼や彼女たちには参加を強要できません。

社会人となり、仕事の場となるとさらに複雑です。
家庭を持つ人、仕事以外にやりがいを求めて活動している人、こうした人たちに業務を命令することはできます。
しかし、納得して活動してもらうことはできません。

愛知トリエンナーレの会場、名古屋の街中で感じたのはそんな雰囲気でした。
1つ1つの会場は確かに盛り上がっているのですが、「名古屋」という街全体ではそれほど盛り上がっていないような雰囲気だったのです。

会の運営方法が悪い、と言いたいのではありません。
会場の運営に携わっているボランティアの方々が街中におり、質問をすれば丁寧な対応をしてくれます。
名古屋の街に点在している会場にも人と活気が溢れていました。


しかし、会場から一歩、足を踏み出して街中へでてしまうと、活気も消えてしまうのです。
せっかく会場で味わった雰囲気の余韻も、次の会場へ向かうまでに完全に消えてしまうのです。

1つ1つの場はしっかりとしているのに、それぞれがつながりがない。
これは、1つ1つの場が盛り上がっているからこそ、とてももったいないことだと思います。

一体感のある場にいることは、とても楽しいことです。
ただ、すべての人達がその場に参加し、一体感を得ることはできません。
というのは、そもそも活動自体があることを知らないという人もいますし、知っていても興味がわかない、という人もいるからです。

どのような場にも、その場に参加できず、一体感をもてない人達がいます。
問題は、その人達をなくすことではなく、参加意識の高い人達の一体感が、その人たちを上回れるか、ということです。
愛知トリエンナーレの会場である名古屋市内では、いまはまだそのような状態になかったのだ、と思います。

街中の至る所にアートを配置し、それによって場の一体感が醸成されると考えられたかもしれません。

しかし、それ以上に街中で目についたのは、アートに興味がない人たちです。
興味がない人たちが邪魔だ、と言いたいのではありません。
むしろ興味のない人達にとっては、アートのイベントこそが邪魔で迷惑だったのではないか、と思うのです。

そして、そんな空気を感じてアートを見ている人たちも、ちょっと冷めてしまう、という感じ。
お互いに不幸な関係があったように思います。

境界を取り払ってものごとを行ない、周囲を巻き込み、共感を得ることで場の一体感は生まれることもあるでしょう。
でも、それはとても難しいことです。

愛知トリエンナーレというイベントは、その難しい場づくりに挑戦したイベントだと思います。
ただ、まだ時期尚早、アートと生活の場に境界を設けて、イベント開催したほうが良かったのではないかと思います。
そのほうが少なからず、アート目的に集まった人たちは、場の一体感を感じて盛り上がることができたのではないでしょうか。

いろいろ文句を書きつらねてきましたが、愛知トリエンナーレというイベントに行けたことにはとても満足しています。
とくに、オペラの『ホフマン物語』の豪華な舞台装置とオーケストラの演奏は、素晴らしい、の一言でした。
オペラは初めて鑑賞しましたが、とても楽しかったです。

なにより、暑いなか沢山のボランティアの人々と各会場の来場者の熱気は、日常的に開催される現代アートの展覧会と比較にならないものでした。
このような熱がトリエンナーレが終了しても続けば、次回はもっと街中にアートな雰囲気があふれた良いイベントになるかもしれません。

広告

タグ:

コメント / トラックバック1件 to “一体感のある場づくりの難しさを感じた@愛知トリエンナーレ”

  1. nekodemo.com Says:

    [nekodemo]あいちトリエンナーレを今のうちに見ておいたほうがいい理由…

    DSC_0006 posted by (C)nekodemo 先日、あいちトリエンナーレに行ってきた。 愛知県出身の私としては、地元愛知で現代アートの祭典が開かれるのは嬉しいはずなのだが、実際は素直に喜べていない自分がいる。それは、予算をかけているわりに、関心のない地元の人が多いからだ……

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。