見栄でエントリを閉じた

今日、1つのエントリを閉じた。

Slim3に触っていたら、日本のソフトウェア産業になんとなく失望した

なぜエントリを閉じようと思っていたのか。
それは、明らかにとじたエントリが情報を求めてきた人たちに、有益な情報をもたらすものではないからだ。

当該のエントリに来る人は「Slim3」という単語で検索をしているらしかった。
なので、自分で「Slim3」と打って検索したところ、結構、上位に自分のエントリが現れた。

googleであれ、Bingであれ、検索サイトの良さは「自分が探している情報が手に入れられる」ということだ。
そして、検索、という行為は能動的だ。

検索サイトや検索結果が、「こんな感じの情報ないかな」という期待に応えてくれないと、裏切られたような気分になる。
そして、かなり「イラッ」っとする。

僕が書いたエントリは、その典型だ。
タイトルからしても、Slim3を馬鹿にする意図は全くないにもかかわらず、Slim3を攻撃しているかのようになっている。
いわゆる、釣り記事っぽいのだ。

エントリの主旨はSlim3を触っていて素晴らしいな、とおもったものの、それを活かそうという流れすらない周囲にたいする愚痴だ。

そのため、エントリに、
Slim3がすばらしい!
Slim3やテストファーストの考えがキャッチアップできてないなんてダメすぎる!
という2つの意見が混ざっていて、非常に読みにくいのだ。

そのうえ、Slim3にたいする言及自体があまりなされていない。

Web上で手に入れられる情報は、価値のあるものが多いと僕は思っている。
すくなからず、googleやBingというフィルター機能を使うことで、絞りこまれた情報は非常に有益だ。

見つけたい、知りたい、と思ったことを調べて、見つけられなかった経験は、ほとんどない。
周囲の人々に聞くよりも、圧倒的に的を射た情報が手に入ることもしばしばだ。

しかし、この僕のエントリはあきらかに、人びとが有益な情報を得ることの邪魔になっている。

そもそもこのブログは、現代アートを中心として、自分の考えをダラダラ書く、という目的のため作られた。
だから、エントリの質を気にするものではない、と思っていた。

とはいえ、現実に自分のエントリが邪魔になっているのを気づいてしまうと、片付けてしまいたくなった。
なにより、つまらないエントリを書くやつだ、とおもわれたくない、という見栄がある。

閉じたエントリがいつまでWeb上に情報としていつまで残るかわからない。

ただ、エントリが検索に引っかからなくなるまで、居心地のわるい時間を過ごすことになるんだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。