自分が提供できるもののない勉強会には行けないよね

最近、人が開催している勉強会に参加することが減った。

時間がないとか、自分に刺さるテーマの勉強会がないとか、自分が開催する側に回っているほうが楽しいとか、様々な理由はありそうだが、一番の理由は、「参加しても提供するものがない」と感じているからだと思う。

「提供するもの」といっても圧倒的な知識とか経験だけを意味しない。
そもそも勉強会なのだから知らないことがあって当然だし、明日、翌週の仕事が少しでも前進させるために学びに行っているだから知識や経験の有無は関係ない。

むしろ、知識や経験がないゆえの質問や疑問や悩みも立派に「提供するもの」になる。
とはいえ、それを自分のなかに抱えたままでは意味はない。
その場で質問したり、話したりして参加者と共有することで初めて提供したことになる。

昨今、23区内に限ってもたくさんの勉強会が開催されている。
講師も内容もかなり充実している。
しかも無料だ。

そのため、勉強会に足が運びやすくなったし、参加へのハードルも低い。
加えて、同じような問題意識や悩み、興味を持ったエンジニアと出会うこともできる。
だから楽しい。

しかし、そういう場になかなか足が向かない。

とにかく自分がその場に行くことで「何かプラスな影響が与えられそうだな」と思えない場には足を運ばない。
せめて自分がよい質問ができる、と感じられない場には参加することがためらわれる。

だから、他の人が開催する勉強会から足がとおのいているのは、自分のなかに人に分け与えられる材料がないからなのだと思う。
そう考えると、自分が仕事や自主的な活動でインプットを行うことを優先したくなる。

自分がちゃんとしたものを提供できそうだと思うまで、勉強会には足を運ばない。
そんな態度のほうが、自分にとっても勉強会という場にとってもプラスになる、そんなふうに思っている。

話を聞くだけで質問も出来ず、ただ知り合いや話の合うエンジニアに会いにゆくためだけに参加する。
自分がそんな参加者になるのは、勉強会という場にはマイナスになる。
自分にとっても時間の無駄だ。

とここまで書いたけど、前にもこんなことを書いたような気がする。

なんでこんなことを書きたくなったのか考えてみると、参加したいな、と思う勉強会はあるんだけど、その勉強会にでた自分が提供できる何かをもっていると思えないから参加を悩んでいるからだと思う。

さて、どうしようか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。