Archive for 2012年3月

なぜ実践なのかを考えた@ブレスト祭り

3月 4, 2012

2012/03/03にDevLOVEとhcdvalueが合同開催したブレスト祭りに参加した。
http://kokucheese.com/event/index/28198/

「学びの効果を実感するにはどうするか」ということをテーマに、デザイナーとプログラマが出会ってアイデア出しをしたらどうなるか、という主旨で行われた。

最近は特に勉強会を開催する身として、どれだけ自分を含めた参加者が効果的に学べるか、ということに悩んでいたので、このテーマには惹かれるものがあった。

学んだことの効果が実感できれば、たとえば、勉強会で得た知見を実際に会社でも活かしてみようと思える人たちが増えるだろうし、実践者が集まる場所は魅力的な場になるだろうからだ。

この会に参加してあらためて思ったのは、「フィードバックを得ることが学びの効果を実感するには大切だ」ということだ。

フィードバック重要。そのためのアウトプット

なぜフィードバックが重要だとおもったのか。
そのように思った理由は単純で9名?の人たちとブレストをする機会があったのだか、学んだことをアウトプットすることを学びの効果を実感するために重視していたからだ。

方法は、学んだことのリストを作る、とにかく実践、ブログを書く、人に教える、などのよく聞くものが多かった。
なので、方法について目新しい!と思ったのではなく、僕の気づきは、実践やブログ、人に教える、リストを作るという頭の中のものをアウトプットすること通じて「フィードバックを得る」という目的があるのだ、ということだった。

いままで、学んだことを実践する、ということが学習の効果を実感できる1番の方法だし、学んだことの価値を高める1番の方法だろうと漠然と思っていた。

でも、なんで「実践が1番なのか」という点について深く考えたことはなかった。

しかし、今回いろんな人達のお話を聞いてそれがようやく理解できた。(ような気がする)
実践は頭の中に入れた理論や知識、人の経験と再び出会う機会であり、フィードバックをつうじて理論や知識の再解釈が行う機会になるからだ。

たとえば、人に教えることが学びの実感につながるのも、その行為を通じたフィードバックがあるからだ。

人に教えるときに自分の学びの深さについて実感したり、学びが深まるのは、「何を教えるか」「どう教えるか」などを考えて教材を作っている時だ。

そして、教材を作っている時というのは、内的に自分の学びの深さについてフィードバックをかける効果がある。
たとえば、自分が知っていると思っていることに穴があって、教科書などを調べ直す、ということは結構ある。
もちろん、教えている最中に質問されて答えられない、ということで自分の無知に気づくこともある。

教えるという機会は、自分の知識に自身が能動的に問い直し、問いの結果を通じてフィードバックをかけること機会でもあり、第三者から学びのついてフィードバックを受ける機会でもある。

学びの効果を実感するためにはフィードバックが必要であり、フィードバックをうけるための1番の方法が頭の中にある知識や知見をアウトプットすることなのだ。
そして、実践にはその知識を自分の状況に合わせて再解釈する機会がある。

だから、実践が大事。

とはいえ、実践のハードルは高い。

なので、「すぶり」ができる場が必要だ。
すぶりは、模擬的な体験を通じて学びを活かす場だ。
そして、失敗をしても良い場所だ。
それは、Wikiでいうところのsandboxのようなものだ。

勉強会のワークショップなどはまさにそんな場だと思う。
ワークショップは準備は大変だけど得るものが大変多い。
なので、機会があったらどんどん参加したいし、参加してもらいたい。

今回の企画は、講師の石井力重さんに非常にお世話になりました。
懇親会でもずっと貴重なお話を聞かせて頂きました。
ありがとうございました。