Archive for 2013年1月

「真実は小説の中にある」という言葉@『最初の人間』

1月 20, 2013

『最初の人間』を岩波ホールで見てきた。
http://www.zaziefilms.com/ningen/introduction.html

厳しい祖母、優しい母、理解ある教師そして、癒しである太陽と海、原作者であるアルベール・カミュの青春と人生を支えた存在への強い思いが優しく表現された映画だった。
独立を目的としたテロに揺れるアルジェリア。
そのアルジェリアにフランス人として生まれ、フランスで有名作家となった主人公、カミュの分身であるジャック・コムルリ。
出身大学でのアルジェリアを支持するスピーチをおこなったものの、会場は荒れる。

アルジェリアの寄り添うことを心に決めつつも、フランス人として名声と富を得た自らの立場とアイデンティティに悩む。
ジャックは、自らのルーツを探すように亡き父のことを調べはじめ、幼い時を過ごした場所を訪ねる。

僕の印象に残った言葉が、ジャックである恩師であるベルナールの言葉だった。
それがタイトルにもした「真実は小説の中にある」という言葉だった。

この言葉はどういう意味だろう。
小説にの中にある真実とは、人びとの生活を描き出すこと、そして、読み手にその生活を想像させ共感させることなのだと思う。

よく言われるが死者の数も多数になれば統計になる。
ようするに問題が大きくなればなるほど、その問題に煩わされ、不幸を背負う人びとの姿は消えてなくなる。

貧困問題、紛争という大きな概念を指す言葉がそうだ。
言葉から、問題の重大さは伝わってくるが、人びとの生活と苦悩を想像させる力はない。

たしかに、マクロな視点は問題を整理し、問題の真の原因を発見する手助けをしてくれる。
一方で、マクロな視点から生み出される解決策は単純化されていることがおおい。
「ここに至っては武力解決もやむを得ない」という言葉はまさにマクロな視点による発想だ。

地域紛争を解決する方法が、武力解決しかない、ということはありえるかもしれない。
ただその地域には生活している人々がいる。
武力による解決によって、生活する人びとは死をはじめとしたあらゆる不幸を背負う。

ベルナールが小説の中に真実がある、というとき、アルジェリアの独立という大きな問題が覆い隠す人びとの存在が描かれることを期待しているのではないだろうか。
アルジェリアの独立は、大きな視点からはアルジェリア人(映画ではアラブ人という言葉が使われていた)とフランス人の対立として捉えられる。
フランス人はフランスを支持し、アルジェリア人はアルジェリアを支持する、という暗黙の前提がある。
その前提では、事実として、フランス人としてアルジェリアに生まれ育った人びとがいることが考慮されていない。
彼らの苦悩は存在しない。

しかし、人びとの生活を描ける小説であるのなら、彼らの苦悩を描き出せる。
彼らのことを知らない人びとが、小説を通じて彼らに共感し、理解する機会を得る。

真実が宿る小説とはそんなものではないだろうか。

この映画を見た後で、奇しくもアルジェリアで日本人も人質に含まれるテロが発生していることを思い出した。
触れなければならないように思えたのだけど、なぜテロが発生したのかの理由、背景を僕は知らない。
人びとの生活がどのようなものなのか、想像もつかない。
ただ、問題への無知と想像力のなさが問題を長引かせる、ということが原因であることがわかるのみだ。
だから語れることがない。

ただ、双方の被害が少なく問題が解決することを祈る。