Posts Tagged ‘セシル・バルモンド’

「「エレメント」 構造デザイナー セシル・バルモンドの世界」展で構造の重要さを体験する

2月 14, 2010

先週、2010/2/6(土)に、東京オペラシティで開催中の「「エレメント」 構造デザイナー セシル・バルモンドの世界」を見に行きました。
私は、セシル・バルモンドのことをまったく知らず、「構造デザイナー」という職業が存在することも知りませんでした。
ですので、「構造デザイナー」というあだ名で呼ばれる、有名な建築家なのだと思い込んでいました。
しかし、実際は違いました。
セシル・バルモンドは、「構造デザイナー」という職業において、優れた才能をもつ存在として注目されています。

「構造デザイナー」とは、ある建造物を設計、建造する際に、その建造物の骨組みなどが十分な耐久力をもてるよう技術的なサポートをおこなう役目をもっています。
たとえば、建築家が自らの理想とする姿をした建造物をデザインしても、それが実現するにはさまざまな物理的な制約があります。
「構造デザイナー」は、その制約を念頭に置き、デザインされた建造物が、十分な耐久性が維持できるような骨組みの組み立て方、つまり構造を設計することで、建築家の理想的なデザインの実現をサポートする役割をになっているのです。

セシル・バルモンドは、そうした「構造デザイナー」として、数々の有名な建築家から依頼を受ける優れた才能を持っている優秀な人なのです。
ちなみに英語のwikipediaでは、セシル・バルモンドはstructural engineerとして紹介されています。
ですので、「構造デザイナー」という言葉が正確に日本語として使用されているかは、若干、疑わしい部分があります。
エンジニア、すなわち技師、技術者ですので、「構造デザイナー」というのは、アーティスティックな部分を強調して、この展覧会独自の言葉なのかもしれません。

<構造はモノにとって力強く、重要な存在>
ソフトウェア開発は、よく建築となじみが深い、とされています。
その一端をあらわすものとして、アーキテクトと呼ばれる職業がソフトウェア開発にも存在することがあげられます。
かなり乱暴な説明になりますが、ソフトウェア開発におけるアーキテクトは、技術的なリーダーの役割をにないます。
建造物がその土地や周囲の環境、ならびに 建材の材質に大きな影響を受けるように、ソフトウェアは、使用するOS、ミドルウェア、開発言語などの影響を受けます。
こうした要素を作成するソフトウェアにあわせて適切に取捨選択することが、ソフトウェア開発におけるアーキテクトの役割です。
また、全体的なプログラムのつながり、すなわち構造を設計するのも、アーキテクトの仕事であり、この際には、デザイン・パターンというものも用いられます。
このデザイン・パターンという考え方もまた、建築家であるクリストファー・アレクザンダーの建築技法に基づいています。

このように、ソフトウェア開発は、建築ととてもなじみ深いといわれています。
ただ、ソフトウェア開発におけるアーキテクトは、建築における建築家と「構造デザイナー」の両方の役割をになっているようにも思えますが。

私が、セシル・バルモンドの作品の中でも魅せられたのは、『H_edge』という作品です。
チェーンと、弧を描いたプレートという、バラバラな状態の部品を規則的に組み合わせることで、1つの自立した柱や壁を築く作品です。
この作品を観ると、セシル・バルモンドが単なる技師としてではなく、ある美学と企てをもって構造設計に携わっていることがわかります。
それほど、幻想的な世界が構築されるのです。

何より、強く印象付けられたのは、バラバラの部品が構造を規定することで、ひとつのものとして自立している、という事実でした。
考えてみれば、この世界の建造物はもとより、大半のモノは一つ一つの部品が「設計」された構造の元に統合されて、ひとつのモノとして自立しています。
今この文章を書いているパソコンしかり、住んでいるアパートしかり。
普段、完成した姿をみているとそれらがバラバラだったときを意識することはありません。
しかし、『H_edge』という作品をみていると、ひとつのものが、元はバラバラの存在で、それが「構造」という一つの要素でつながっていることを強く意識させられます。
そして、完成されていると思っていたものが、「構造」という1つの要素によって支えられていると思うと、か弱く繊細な存在であるように思えてくるのです。
一方で、完成された姿を支える「構造」の力強さも感じることができます。

職業柄、「構造」という言葉を良く聞き、重要なものだと理解しているつもりでした。
ですが、それはあくまでも聞いた情報を元に想像した世界に過ぎないものでした。
今回、『H_edge』という作品を通じて、「構造」があるモノの姿を規定する力の強さ、そして、その重要性を体験できたと思います。

ソフトウェアエンジニアの中でも、「構造」の重要性を聞いて知ったつもりになっている、という方は意外に多いのではないでしょうか。
そのような方は、是非、会場に足を運んでみてください。
モノにおける「構造」の重要性が体験的に理解できると思います。

【会場情報】
◆東京オペラシティ-「「エレメント」 構造デザイナー セシル・バルモンドの世界」展
http://www.operacity.jp/ag/exh114/
◆TAB-「エレメント 構造デザイナー セシル・バルモンドの世界」展
http://www.tokyoartbeat.com/event/2009/3B6D

【作家情報】
◆セシル・バルモンド(Cecil Balmond)
・Wikipedia-セシル・バルモンド
・Wikipedia-Cecil Balmond
【次の予定】
◆未定
※引越し作業中につき展覧会へはなかなかいけそうにないです。。。

ランキング参加中。気に入ったら一押しお願いします!
人気ブログランキングへ