Posts Tagged ‘山種美術館’

速水御舟の緻密で細やかな作品が好きになる

10月 31, 2009

<平日なのに盛況な美術館>
2009/10/27(火)にはさらによいお天気に誘われて、さらに恵比寿まで足を伸ばしました。
目当ては、山種美術館で開催されている「速水御舟-日本画への挑戦」展です。
表参道駅から銀座線で渋谷へ行き、そこで山手線に乗り換えて恵比寿まで行きました。

恵比寿駅からは、山種美術館までは徒歩で向かいました。
このころには、昼過ぎになり日も高く上がり、とても暖かくなっていました。
額に少々、汗を浮かべながら10分程度歩いていると、ちいさな公民館のような建物を発見、そこが山種美術館でした。
改装したて、と聞いていたので「さぞかし立派な建物なんだろう」と勝手に想像していたので、ちょっと小さいその姿に拍子抜けしてしまいました。

しかし、中に入ってみるとさすがの改装後、黒を基調にした落ち着いた内装でとてもキレイでした。
そして、MoMA Design Storeとは異なり、平日にもかかわらず人もかなり多かったです。
とくに日本画の展覧会ということもあり、高齢者方がとても多かったためだと思います。

ちなみ、会場へ行くまで速水御舟を「はやみおんしゅう」と私は読んでいました。
が、ただしくは、

「はやみぎょしゅう」

と読みます。お間違いなく。

<妖艶な魅力を放つ絵画>
速水御舟はとても探究心の強い方だったようです。
日本画への挑戦というタイトルのとおり、その作品の調子からも日本画へ洋画の要素に取り込もうとする姿勢が感じ取れます。
また、作品の主題も古典的な話から、植物、さらに人物などと、作家の時代とともに変化しています。
この点にも現状に満足しない速水御舟の探究心を感じることができます。

私がこの展覧会で特に印象に残ったのは、

・『炎舞』

・『暗香』

2つの作品です。
『炎舞』は、現在の山種美術館のホームページでもトップのFLASHに使用されており、観ることができます。
FLASHを観ただけでも、その魅力を感じることができますが、実物はさらに妖艶な雰囲気を放ち、魅力的な作品です。
黒い背景の中心に描かれた炎をみていると、自分も作品のなかの蛾になったかように、吸い込まれそうになります。
そして、炎のまわりに描かれた蛾たちの色彩も淡く、美しいです。

もう1つの『暗香』は、黒の背景に淡い色彩で梅の花が描かれている作品です。
静かな雰囲気の作品ですが、ずっと見つめていると暗闇の中から梅の香りがほのかに漂ってくるかのようでした。

このほかにも、屏風絵などの大きな作品も数多く展示されていました。
が、個人的には掛け軸など小さな作品で、緻密に描かれた作品の美しさに目が奪われました。

<美術館・展覧会めぐりの旅_2日目・終了>
2009/10/27(火)は、美術館・展覧会めぐりの旅の2日目として、MoMA Design Storeと山種美術館を回りました。
移動した距離も、使用した時間もそれほど多くないのですが、久々に美術館をはしごしたためか、妙に疲れてしまいました。
とはいえ、現代アートと日本画という伝統的な芸術に1日で触れることができたことに満足し、帰路に着きました。

【会場情報】
◆山種美術館
http://www.yamatane-museum.or.jp/
◆TAB-「速水御舟 -日本画への挑戦-」展
http://www.tokyoartbeat.com/event/2009/3A2C

【作家情報】
◆速水御舟(はやみ・ぎょしゅう)
・テレビ東京-『美の巨人たち-速水御舟「炎舞」』
・google-”速水御舟”による画像検索結果

【次の予定】
◆ハラミュージアム アーク
http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html

◆TAB-「季をめぐる」展
http://www.tokyoartbeat.com/event/2009/D19C

◆TAB-「日本の現代美術はおもしろい」展
http://www.tokyoartbeat.com/event/2009/4B03