Posts Tagged ‘杉浦慶太’

静かな時間をCASHI゜で過ごす

11月 15, 2009

2009/11/14(土)に、馬喰町にあるギャラリー、CASHIへ行きました。
目当ては、「ニエプスの箱・右」展です。
このエキシビションは、「ULTRA002」という、表参道で開催されていたエキシビションにも作品を出展した杉浦慶太、助田徹臣にくわえて、村上友重という3人のアーティストの作品が展示されるグループショーです。

じつは、「ULTRA002」の記事を書いときに、作家と作品をとりちがえて紹介する、というミスを犯しました。
その際、CASHIの松島様に間違いを訂正するのコメントをいただくと同時に、このグループショーのご紹介をいただいたので、厚顔無恥にも伺うことにしました。

CASHIは、JR馬喰町駅のC4番出口からすぐのところにありました。
私にしてはめずらしく、初めての場所でも迷わずつくことできました。
CASHIは白くて小さい(失礼かもしれませんが、)、静かな空間でした。
少々低めの温度の室内と白い壁と天井に囲まれた音のない空間は、とても神秘的でした。

私の印象にのこったのは、入り口のすぐそば展示されていた助田徹臣の作品です。
はかなげで気だるげな女性たちが被写体として収められた作品の数々は、みつめていると漠然とした不安を感じてしまいます。
写真に収められるそれぞれの場面は、現実感にあふれて否定しがたいのに、そこに登場する女性たちは、「ほんとにそこにいるのだろうか?」と思わされるような存在感。
ガラスのような繊細さをもった作品だと感じました。

また、面白いと感じたのは作品の展示の仕方です。
それは、同じ写真が別の作品に、登場する、という展示方法です。
たとえば、1枚の写真として展示されている写真が、1つの額縁に複数枚、飾られている写真群の中にも展示される、という具合です。

普通、芸術作品というのは一回性、一意性がその作品価値に結びつきやすいものです。
1つの作品は、天才的な芸術家に手により生み出され、たとえ同じ作者をもってしてもまったく同じものを製作することはできません。
ようする、芸術的な才能にめぐまれた天才の手によること、2つと同じものはないということ、という希少価値は、芸術作品の価値の源泉だともいえます。
たとえば、版画の作品は、同じ版の作品にシリアル番号を振り、1つ1つの作品を別物であることを強調して販売されます。
このように、作品の一意性、希少価値を高めることで、作品そのものの価値を高めるという方法が普通です。

助田徹臣の作品では、同じ写真を別の作品に別の展示方法で登場させています。
このことで、まったく同じ作品にべつの価値をもたせています。
単に希少価値や一回性を強調するのではなく、展示方法に同じ作品に別の意味と魅力をもたせる、という逆の手法はとても面白い、と感じました。

このほかにも、気になったのは、白い3つの額縁です。
大きな額縁が3つ並んでいたのですが、それらすべて真っ白なのです。
あれは作品だったのでしょうか?
それとも、作品が売れてしまって展示からはずされていたのでしょうか?
結構気になっています。

この「ニエプスの箱・右」展は、残念ながら14日(土)で終了してしまっています。
ですが、今度は2009/11/17(火)から、「ニエプスの箱・左」展として、同じ作家たちの作品が別の構成で展示される、というエキシビションが開催される予定です。
白く神秘的な空間で、アーティストたちの作品を楽しむために、みなさんも是非、足を運んでみてください。

<会場情報>
◆CASHI゜
http://cashi.jp/
◆TAB-「ニエプスの箱・右/左」展
http://www.tokyoartbeat.com/event/2009/CBF3

<作家情報>
◆助田徹臣(Tetsuomi Sukeda)
・CASHI-Artist_助田徹臣

◆村上友重(Tomoe Murakami)
・CASHI-Artist_村上友重

◆杉浦慶太(Keita Sugiura)
GEISAI-MOVIE ARCHIVE_杉浦慶太さん GEISAIミュージアム #2でヴィクター・ピンチュック賞受賞

◆GALLERY_Exhibition
「ニエプスの箱・左」展

<次の予定>
◆「ヴェルナー・パントン」展 @東京オペラシティ
http://www.operacity.jp/ag/exh111/
◆TAB-ヴェルナー・パントン 展
http://www.tokyoartbeat.com/event/2009/E961